apartment fesをした話② |革製品|革小物|レザー|革財布|名刺入れ|コインケース|東京|DELIFE|マスク|カスタムオーダー|ビーガン|サステナブル



みなさんこんにちは!DELIFEの革職人の高野です。 
今日は『apartment fesをした話②』を綴っていきたいと思います。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ”apartment fes”とは? 新型コロナウイルスの影響で空いてしまった部屋を再利用しアパレルブランド、プロダクトブランドがホステルの各部屋を利用して行うオンライン配信イベント ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 無事、東日本橋のCITANさんでapartment fesの開催が決定し出店者さんをお誘いすることに。 アパレル、プロダクト、出版社、DJさんなど10組を超えるブランドの方々にご参加いただき、オンライン配信メインのイベントにすることになりました。


ただここには問題があって出店者さんは部屋代を支払うことを出店費としていましたが、 コロナの問題で実際の集客販売ができなく、マネタイズ問題にぶつかりました。 そこでアフタームービーを作成しイベント後に出店者さんで共有して、プロモーションメインのイベントにすることになりました。 主催である僕も出店料を支払うため、プロモーションだけでなく実売につなげるためにMinimal wallet(ミニ財布)を先行販売し購入していただいた方には当日に名入れをするイベントを開催することにしました。 イベント開催まで毎日のようにZOOMミーティングをして『イベントを一から作るのはこんなに大変なんだ』とつくづく思いましたが、毎日のように学びがありとても刺激的でした。 そしてイベント当日、、、


以上が『apartment fesをした話②』でした。





ーーーーーーーーーーーーーーーーー



 『レザーブランド”delife custum order”ローンチから越境ECになるまでの道のり』シリーズを定期的に更新していこうと思ってますのでぜひ見てください。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー




明日は『apartment fesをした話③』の話です。



それではみなさんさようなら~!


15回の閲覧0件のコメント